ページの先頭へ

 

考え、工夫できることが面白い。考え、工夫できることが面白い。

[2014年入社] 金型1チーム

稲垣 亮人

入社のきっかけは?

仕事は面白そうだし、
夜勤手当がつくのもうれしい!

僕の所属する金型1チームは、自動車のボディやボンネットなど大型の金型めっきを扱っていて、とても忙しい職場です。昼勤・夜勤の2交代制で、つねに現場は稼動しています。そういう仕事を嫌がる人もいますが、僕にとっては理想的です。なぜかというと、夜勤手当や残業代がしっかりとつくから(笑)。仕事内容も面白く、最初に見学した時、「ここで働きたい」と即決しました。

テイクロの魅力とは?

1点1点、カタチも素材も異なるので
マンネリに陥りません。

金型めっきは、多くの部品をつくるための基となるものなので、1点1点、カタチも素材も異なります。つまり、同じ仕事はないんです。ひとつひとつ、最善のやり方を考える必要があり、マンネリにならないところが刺激的です!
また、入社3年目にして九州に出張に連れて行っていただいたりと、やる気があれば仕事を任せてもらえるので、日々やりがいを感じています!

テイクロで成長した部分は?

自分で言うのも
おこがましいんですが、
やっぱり「責任感」です。

仕事で経験を重ねるうちに、社会人としての責任感が芽生えてきたと思います。「いいかげんに仕事をしない」「作業ひとつひとつを丁寧に」と、自分に良い聞かせながら仕事をしています。金型1チームはクレーンを扱うことも多く、そういうときは、周囲に障害物がないか、すばやく目を走らせている自分がいて「先読み」が身に付いてきたと少し誇らしく思います。

これからの目標は?

周囲に認められ、
必要とされる存在になりたいです。

テイクロの仕事は「考える」ことが大切です。自分なりに考えて工夫したことで、より美しくめっきが仕上がるケースが増えてきました。職場の先輩に褒められたりすると、やっぱりうれしいです。これからも現状に満足することなく、もっともっと経験を積んで、周囲に認められ、必要とされる存在になりたいと思っています。

未来の後輩にメッセージを!

めっき未経験者でも、
やさしく教えます!

 

技量と知識を磨く。技量と知識を磨く。

[2016年入社] 金型2チーム

松岡 尚之

入社のきっかけは?

楽器店に勤めていたとき、
管楽器などに施されるめっきに
興味を持ちました。

前職では楽器の修理などに携わっていたのですが、そこで金めっきや銀めっきなどに触れる機会があり、「モノをピカピカにする仕事って楽しそうだな」と興味を持ちました。派遣社員として4ヶ月働いた後、正社員となりました。残念ながら楽器にめっきすることはないのですが、手のひらに乗る小さなモノから、数十トンという大きな金型まで、いろいろなモノにめっきする会社で面白いです。

テイクロの魅力とは?

ラインのような厳しい管理がなく、
のびのびと仕事ができます。

いくつかの職場を転々として、テイクロに落ち着きました。他と比べて、優しい人が多く、おおらかな点が魅力です。大手メーカーのラインを経験したこともありますが、すべて管理下のもと、機械のように動かなくてはいけません。でもテイクロは、一人ひとりの個性や得意分野を尊重し、上司や先輩が丁寧に教えてくれるので、のびのびと仕事ができます。

テイクロで成長した部分は?

失敗しても「ひとつ成長した」と
ポジティブに捉え、凹まない!

じつは僕、メンタル面があまり強くなくて……。石橋をしっかりたたいて渡る臆病なところがあるんですが、テイクロは「現場で仕事を覚える」ことが基本なので、たとえ失敗しても「これでひとつ成長したぞ」とポジティブに捉え、凹まないようになりました(笑)。覚えることは多いですが、上司や先輩から「焦るな、長い目で見てやればいい」と言っていただけるのも心強いです。

これからの目標は?

仕事をこなすだけでなく、
自分なりの工夫も
取り入れられるようになりたい!

多種多様のモノをめっきするテイクロは、人の手に頼る部分が多く、知識や技量が品質に出やすく、まだまだ満足のいく仕上がりになりません。今は未熟な僕ですが、ひとつひとつ仕事を覚えて、いつかは職場の大先輩のように「美しい、早い、丁寧」な仕事ができ、自分なりの工夫も取り入れられるようにしたいと思います。あと、クルマも買い替えたいですね!

未来の後輩にメッセージを!

ここで
自分の居場所を
見つけてみては?

 

失敗しても、がんがんチャレンジ。失敗しても、がんがんチャレンジ。

[2014年入社] パーツチーム

竹内 章裕

入社のきっかけは?

インターンシップでめっきを体験し、
自分に向いていると直感しました。

小さな頃からモノづくりが好きで、モノづくりの現場に携われるような仕事がしたいとずっと思っていました。ある合同企業説明会でテイクロを紹介していただき、めっきという仕事にまず興味を持ちました。そこでインターンシップで実際に体験してみると、とても奥が深くて面白く、これは自分に向いていると思って入社を決めました。

テイクロの魅力とは?

失敗しても周囲が
フォローしてくれるので、
チャレンジし続けることができる!

同じ製品を大量につくる現場とは違い、テイクロで扱うモノは1点1点、オリジナルに近いので、トライ&エラーを繰り返すことも少なくありません。たとえ失敗しても、リーダーや先輩方がフォローしてくれるので、失敗を恐れることなくチャレンジできるのが何よりも魅力だと思います。でも、失敗は少ないほうがいいんですけどね!

テイクロで成長した部分は?

指示待ちではなく、
自分から行動を起こす!

一言で「めっき」と言っても、驚くほどいろいろな方法があります。そして、めっき液に流す電気のアンペアや電流を流すコイルの巻き方など、工夫次第で品質が良くなったり、作業効率が上がったりするので、やればやるほど奥が深い世界です。逆に、工夫しないと、何も変化が生まれないので、職場で課題や問題点を見つけて、自分から行動を起こせるようになりました。

これからの目標は?

目指すは「めっき職人」です!

テイクロには、すばらしい腕前の大先輩がたくさんいます。その仕事ぶりを間近に見ながら、いろいろな方から良い部分を取り入れることができる自分は幸せだと思っています。まだまだ時間がかかりますが、ひとつひとつ経験を重ねて、いつか自他ともに認める「めっき職人」になりたいです。

未来の後輩にメッセージを!

最初はたくさん失敗すると思うけど、
失敗した分だけうまくなるので、
頑張ってください!

 

70歳になってもここで働きたい。70歳になってもここで働きたい。

[2016年入社] 金型2チーム

杉江 彩加

入社のきっかけは?

子どもの頃から工場が大好きで、
「めっき」という言葉に
惹かれました。

鉄工所を経営していた祖父の仕事を手伝ったりしているうちに、工場が大好きになりました。それで「働くなら絶対に工場!」と小さな頃から決めていたんです。初めて、めっきを見た時、その美しさに目を奪われ、「生まれ変わるって、こういうことなんだ」と思いました。入社当時からマスキングを担当していますが、とっても奥の深い、魅力的な世界です!

テイクロの魅力とは?

個性あふれる人がたくさんいるから、
自分らしくいられます。

私、入社したての頃は、人見知りが激しくて挨拶もうまくできなかったんです。そんな私を職場の皆さんは自然に受け入れてくださり、いろいろなことを教えてもらいました。個性的な人が多いので「こうじゃなきゃいけない」っていうのがなく、自分らしくいられます。尊敬できる上司、何でも話せる同僚がいて、これほど楽しくやりがいのある素敵な職場は他にないと思っています。

テイクロで成長した部分は?

もともとザツな性格ですが、
丁寧さが身に付きました。

細かさや丁寧さを求められるマスキングは、めっきの仕上がりを左右する重要な工程なので、作業中は気が抜けません。もともと性格はザツなほうなのですが(笑)、仕事モードのスイッチが入ると、ぐんと集中力が高まります!テイクロで働くようになってから、ふだんの生活でも、食器の扱いとか、丁寧になった気がします。

これからの目標は?

70歳を過ぎても、
現役で仕事をしていたい!

私の上司は70歳の女性で、とっても尊敬できる素敵な大先輩です。その方を見習って、70歳を過ぎても、周囲に頼られる存在になるのが私の目標であり夢です。また、私は2児の母なのですが、周囲の理解と協力のおかげで、仕事と子育てを両立することができています。私のように働く女性を応援できる先輩にもなれたらいいなと思っています。

未来の後輩にメッセージを!

人付き合いが
苦手の人でも、
テイクロなら大丈夫!

採用情報の確認・エントリーはこちら